Realtime laser by Beyond

LINEで送る
Pocket

Like this video, I found the way to conevrt video to laser in realtime, so write this article.
(I did it by etherdream before, but the quality of the scanner could not be used more reliably with practice than I thought.)

Required:

  • Pangolin Beyond(Ultimate) : enable “Tracer”
  • Virtualcam software like ManyCam

Overview:

  • Use Tracer function by Beyond that converts webcam input to laser in realtime.
  • Some screen area handles as webcam input by using Manycam.

Steps

Step1:

Get Pangolin Beyond. You must use Ultimate version of Beyond because you need “Tracer” function.

Step2:

Donwload and install Manycam.
https://manycam.com/
(ManyCam may install some adware, so you must uninstall adware and some doubt programs.If you avoid Manycam, You may download and install other application. I uninstalled adware.)

If you are good at Directshow, this may be useful:
https://www.codeproject.com/Articles/437617/DirectShow-Virtual-Video-Capture-Source-Filter-in

I explained using Manycam.I bought Manycam “Standard” license.

Step3: setting ManyCam

Launch Manycam and configure VirtualCam.

Right-click on the side by side rectangle → Desktop-> Custom Area and so on.
A rectangle appears on the screen, and you can treat that area as Webcam input.
manycam

Step4: open video

Display the image/video you want to convert to laser is located in the rectangular area.

Step5: Open Tracer

Open from the menu Edit-> Tracer. At that time, you should open it with Empty Que selected.

tracer_menu

Step6: open Webcam setting in Beyond

When you select from the menu, the “Realtime Video Tracer” window opens, so click the “Trace” button to open the Tracing window.
Open the Tracing window and click “Device”.

webcam

Step7: select Virtualcam

Select VirtualCam (“ManyCam Virtual Webcam” here) created with ManyCam etc. If the resolution is too large, the operation becomes heavy, so adjust it according to the PC specifications.

selectwebcam

That’s all!
By setting this, it is possible to laserize the designated range of the screen in real time.

TouchDesigner+Laser

LINEで送る
Pocket

Recently I began to touch TouchDesigner.

I do not get used to Node-based programming environment…
How about a for loop? What if you have a fine conditional branch?
Also Quartz Composer, vvvv, TouchDesigner. Although I bought a Commercial Lisense a while ago I kept not using anything but it was easier than I thought when touching TouchDesigner as a trigger, so I decided to start earnestly.

At first, I made something that reacts to the sound.

And I tried replacing it with a laser.

You can use etherdream in TouchDesigner. At last it will be a choice other than Pangolin as this will make it easier to make the beam steady and I am looking forward to it personally.

I am planning to strengthen cooperation between sound and external equipment from now on.

Shuhei Matsuyama’s blog is a good starting point to study TouchDesigner.
http://www.shuhei-matsuyama.com/single-post/2015/12/17/TouchDesigner-%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E3%80%80%E4%BD%95%E3%81%8C%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F

developping laser control software

LINEで送る
Pocket

I’m developing software to control laser beam because I get laser-related jobs gradually.
I want to control laser at will because I’m a programmer.(Of cource, I love to think what laser beam is attractive and to create laser beam and to operate it.)

I uploaded demo movie below:

I’m developing laser-analyzing app, that is receiveing picture(movie) via Syphon, and convert it to laser beam.
This app analyzes “Syphon” movie. So this app can convert to laser beam what type of movie via Syphon.
If you want to use Kinect depth picture.

In near future, I use in live scene.

2014年振り返り

LINEで送る
Pocket

2014年も終わりということで、今年は振り返りを書こうと思います。

今年はどうなるかと思って不安だったのですがなかなか面白い1年になったかと思います。
マイコンを使って無線でLEDを自動制御することやレーザーを使った演出や今までのようにセンサーを使った演出もよりたくさん経験できました。
2014年頭でやってみたいと思ったことは一通りできた良い1年になりました。


まずはLEDやってる関連でお誘いいただいた某ショーレストランでのLED衣装と装置の設置とか制御ソフト・ハードの開発から光り方含めてなかなかハードでしたが全般ですごい良い経験ができました。

特にハードでは中山さん、まりすさんにすごくお世話になりました。
また、現場では無茶なことにもこたえてくれたゆきちゃんありがとうございました。
お話をいただいて一緒にご協力していただいた加藤さんもありがとうございました。
このお仕事で関わったみなさま、また何かありましたらぜひ。


そのあとは前々から興味のあったTMCNで発表。→Project Daftyに見事に巻き込まれるという経験をしました。fabcafeさまにも色々とお世話になり、Fab Meetup vol.9でも発表させていただきました。http://fabcafe.com/tokyo/events/g00f1b7bf

https://www.facebook.com/TokyoMotioncontrolNetwork

TMCNでは参加が決まったのが直前とか、発表のタイミングとかいろいろ勝手に運命を感じる流れでおもしろかったです。

Project Daftyでは以前にやっていたScience Nonfictionのコンテンツを見てもらっていたようで、自分が関わったコンテンツを誰かが見ていてくれているということをようやくちゃんと実感できました。

で、Project Daftyはこちら。4分ちょいくらいから。

直前までバタバタでしたがみなさまありがとうございました!

参考(TMCNで発表してきました、という記事です):
http://blog.hi-farm.net/2014/05/09/tokyo-motion-control-network-8/


TMCNの流れでNaked様にて開催されたイベントにて軽く発表させてもらいまして、それきっかけで新たな出会いがありました。
その一つがIntegral VisionさまのKAGURAです。こちらは9月中旬にロンドンで開催されました。

NADA Project Vol2 – Kagura – Full version from Takayuki Baba on Vimeo.

デジハリの授業にちょっと顔を出してしゃべる→何か困ってそう→ちょっと口出しする→やっぱり自分でやりたくなって結構がっつり参加、
みたいな定番の結末でした。
この時期は別件の仮押さえ予定などがあったり他の事情もあって現地には行けなかったのともっと早い段階から参加できなかったのが心残りです。。。
次回あれば是非!よろしくお願いします。


これとはちょっと別ですが、7月上旬にはLive & Event産業展に出展の手伝いをしてきました。
こちらもScience Nonfictionのコンテンツをこの展示会向けにアレンジしたものになりました。
音楽イベント系の展示会とか初めてでしたが展示会ならではのハプニングもあり、こちらもとても楽しかったです。
ゼロシーセブンさまとTachytelicさまの共同出展でした。
こちら来年はあるのかな??

http://www.live-event.jp/ja/HOME/

そして夏休み最終日、科学技術館にて1日限りの限定イベントを行ってきました。
映像はこちら。

子供向けインタラクティブレーザーでございます。
Kinect(実際はXtion Pro live)の前に立つとレーザーでアバターが出て、映像中のボールを触ると得点!というもの。
小学生だけじゃなく、もっと小さいお子様にも体験してもらえました。


夏頃はこれと同時にレーザー屋さんとしてこのへんのお手伝いもしました。

で、この流れでORANGE RANGEのテブラ DE ゴメンツアーでもお手伝いしました。
ホールの現場での経験ができたことは本当に感謝です。また今後もあるといいなあ。

他にもなかなか面白い使い方があったのですがどこかでみてもらえるといいなあ。
※画像が見えない場合はこちら


これをやりつつ、別の案件も走っていて、、、本当に夏から冬にかけては色々と重なっていました。 一つ、非公開イベントだけど3分半のショーにてモーションセンサーで音楽と映像とレーザーをコントロールする、というコンテンツを発表しました。 これ個人的には音楽も映像もすごいお気に入りのショーなんですが、、、、いつかどこかで発表したい!! 非公開なので何をどこまでいえばよいかわからないのですが関わったみなさま本当にありがとうございました! 途中すごい心配おかけしてしまったかと思いますがみなさまのおかげで無事乗り越えることができました。 うーん、やっぱり表に出したいなあ。 技術的なチャレンジもあったので今後もどこかで活かせるのではないかと思います。 インタラクティブレーザーはもっと強化したいと思いました。 すごいモザイクですがとりあえず。

secret


そして何と言っても!初海外初南半球初アフリカ! タンザニアにてレーザーと映像やってました!

もともとPANDA1/2は好きで曲を聴いたりライブ見に行ったりustを見たりしていたのですがジェームズパンダJrさんがやっているバーに何回か飲みに行って話をしているうちにタンザニアに行かないかい?というお誘いをいただきました。
お話をいただいた時点ではロンドンが初海外になる予定でしたが結果的には初海外がタンザニアというのはなかなか良かったのではないかと思っています。
本番ではいろいろとあり心残りな事もありますのでまた機会つくっていきたい!

時間がなかったので直前のリハやらができなかったのと、バーで何回か話したくらいだったのに打ち合わせとか演出プランを現地で考えたりして作り上げるのはなかなか楽しかったです。
その後のトークショーも出たかったなー。日程が被ってたので残念!
パンダさん、佐藤さんほか現地でお世話になったみなさまありがとうございました!

かなり良い思い出になっております。


その他・・・・
・イベント色々と参加させていただきましてありがとうございました!

・レーザーとLED衣装で関わっているRAM RIDERさんですが、実は内部的にはパワーアップしまくっていて、
・LED衣装の無線化対応がおわり
・反応もかなり改善
・自動化機能も実装済み

ということで来年以降は今まで以上にぴちっとコントロールできたライブができるかと思うと楽しみで仕方がありません。
やればやるほど人がいらなくなる、というものなのでちょっと複雑な気持ちはありますけどね!

・もっとうまくできたはずのhalloweenイベントは絶対別の形でお返ししたいしTMCNを通じた良い出会いやレーザーの経験、タンザニアという海外での経験を活かし、新しいこともやりつつ今年広げたことをしっかりとレベルあげしたいと思っています。
参考までに。

他にもかけない事などありますがとても充実した一年になりました。

来年はこれ以上にまた面白いことができるといいなあ。
何か困ったことがありましたらお気軽にお声がけくださいね!

特に、LEDやレーザーといった光の演出とセンサーとの組み合わせのインタラクティブな演出をより深めてやっていきたいですね。
ライブ以外でもできるようになると面白そうですね。

来年もよろしくお願い致します。

hi-farm
武内 満

レーザーショー

LINEで送る
Pocket

いろいろてんこもりな感じですが、これくらいレーザーを使い込んだショーやってみたいものです。