光波(hikarinami)をスマートイルミネーションに展示、優秀賞をいただきました。

LINEで送る
Pocket

ご無沙汰しています。

突然ですが2017/11/1-5に横浜は象の鼻パークにて開催されていた「スマートイルミネーション横浜2017」( http://smart-illumination.jp/ )に、「光波(hikarinami)」を出展しました。
初めて自分の作品を作り、出展しました。
そこでとても多くのことが得られ、気持ちが高まって長文ポエムになってしまいましたが読んでいただけると想いは十分伝わるかと思います。

どういったものであるか、写真をごらんください。
hikarinami hikarinami2 hikarinami3

概要:

レーザーというと鋭い光というイメージが強いですが、光の使い方によっては柔らかな印象を与えることもできます。 本作品ではオブジェクトにレーザーが当たり、床に映る光が波のように見えることがわかります。 そこから物事は一面ではなく見え方が変わる、ということを感じられると嬉しいです。
http://smart-illumination.jp/program/samazama_na_hikari/

作品について:

皆さんがよく目にするレーザー光線はライブやクラブで見るような強い光が多いのではないかと思います。
laser
刺激的で、力強い。(そしてちょっと危ない)

この作品ではそう言った印象とは異なる使い方をしています。
レーザーを反射させることで光が波のように現れ、関わりあって複雑な模様を描き出します。
同じようで少し違う光の揺らめき。
波のように寄せては返す、を繰り返す光をぼんやり見つめて癒されるのも良し。
光る棒を振って魔法使いのようにその光をあやつるのもよし。

インタラクティブ性を楽しむことも、光の波をぼんやりと眺めることも、あるいはレーザー自体は撮影しにくい光源なので撮影にチャレンジしてみるもよし。
体験者によってコンテンツの楽しみ方が様々に異なるという作品です。

会期中のこと:

開催期間中は殆どの時間ブースにて説明や体験の補助をしつつ、たまにブースから離れて、
皆さんがどのように体験するのかを観察→翌日の開催までにアップデート
ということを繰り返していました。

初日はスティックを振るというインタラクションでは無かった(別の操作方法)し、使い方の説明文もありませんでした。

実際制作に取りかかれたのもとても遅い時期で、出展に間に合うかどうか心配な時があり、まだまだ不十分な状態だったのと、初出展でスベる、というわけではないですが全然相手にされないようなつまらないものと受け止められるのではないかという心配な気持ちとで不安なまま11/1の会期を迎えました。

が、お隣のブースで出展していたタイ人の方達がとても優しく、一人の方が褒めてくれました。
また、実際にオープンすると来場者が来てくれては声をあげて楽しんでくれたり、綺麗だとじーっとしばらく眺め続ける人、または仕組みがどうなってるんだろうかと考えながら見る方。
たくさんの方がそれぞれの方法で楽しんでくれていたり、これがすごく好きだと言ってくれる方もいて、時間が経つごとに不安が自信に変わっていきました。

数日すると、作品が育っていくような感覚になりました。
最初は作品と体験方法の説明をかなりしていたのですが、
光を見てもらおうと特に光を切り替える機能を説明せずにみなさんに綺麗な光を見てもらうと何もしないでいると、リピーターの方が来られて棒を振る。
するとそんなことができるのを知らなかった方達から「こんなこともできるのか」、や「おおおお」という声やとても喜んでもらえているような歓声が上がり、リピーターの人が指揮者としてこの作品の主役になっていました。
初めは気楽につけた機能でしたが作品にこんなに大きな影響を与えるとは自分でも思っていなくてとても面白かったです。
さらには作品自体をとても気に入ってもらえたようで、棒を振っていた人が他の人に棒の使い方を説明してくれました。するとその人が振ってくれて、光が変わると自分が光を操っているという感覚が得られて眺めているだけの時とは違う感動が得られたようで、眺める作品から体験する作品へ変化したことにも喜んでもらえたようです。
そしてそれをみた他の人が操作していた人に教えてもらって操ってまた別の人が操って、、、その姿を遠くから見ていた人が近くにきて・・・という繰り返し現象が起きていることもありました。

ブースが小さいとは言えど、人が多くて見えなくなっています。

ブースが小さいとは言えど、人が多くて見えなくなっています。

開催前は大丈夫なんだろうか?と心配していたのにこんなに楽しんでもらえて、作者が不安に思ってすみません!と心で反省していました。
と、ともにこの作品は大切にして育てようと言う気持ちも日に日に増して来ました。

そう言ったありがたい経験をたくさんさせてもらい、最終日。
今回スマートイルミネーションアワードに応募していたのですが、そのアワードの表彰式があります。

当日のオープン時間頃に審査員の方が応募者の作品を周り、審査します。
早い時間だしじっくり説明しよう、と言葉を考えていたのですがとてもありがたいことに、審査の時間で既に楽しんでくれている人が沢山いて、審査員の方への説明があまりちゃんとできず(説明する時にも来場者からの質問やどうしていいんだろうと困っている方に説明をしたりしていました)で、受賞できるかなあ、できたらうれしいなあ、くらいだったのですが結果的に屋内展示の優秀賞をいただきました。
(実は内心、うまく説明できなかった気持ちとでもその場で体験してもらえている方へサポートや説明することは根本的に大切なことだろう、という葛藤が密かにありました。)


嬉しいですね。

それも当然嬉しいのですが、授賞式が終わった後の事。

まだ展示時間が残っていたので記念撮影が終わり、持ち場に戻ろうとしていた時。

わざわざ話しかけていただいたのですが、言ってもらえた言葉が胸がつまるような想いで嬉しかったのです。
「展示していたもの、とても良かったのだけど受賞するか気になって来ちゃった!受賞できて良かったね、応援していたので受賞できたこととこうやってお話できて嬉しいです」
と言っていただけたこと。
その方曰く、自分一人だったら眺めて終わっていたけど近くにいた子どもが綺麗な光を色々とみせてくれたのが良かったのよね、と言っていただけました。
自分が気づかなかったところでここまで思ってもらえていることにとても嬉しくて嬉しくて・・・・
正直今こうやって文章を書いているだけでも思い出してグッと来ちゃってます。

改めて

改めて感想を書いてみると、嬉しかったことがいっぱいありました。

すごく心配だったけど自分が作ったものが来場者の方にとても受け入れていただいていること、
たくさんのありがたいお言葉をかけていただいたこと、
子どもや大人も自分で光を操ってみたいと思って列をなしてくれて楽しんでもらえたこと、
光を変えるたびに歓声を上げてくれる人、
光を自分で変えてすごく興奮気味に楽しんでくれる人、
綺麗と言ってじーっと見てくれる人、
じーっと結構な時間(数分〜10分とか)眺めた後に「ずっと見ていられるわ」と言ってくれる人、
思わず写真を撮りまくる人、
私が自信を持っていなかった発想力、実装力、などなど褒めてもらえたこと、
自分が楽しんだこの作品を他の人にも楽しんでもらおうと広めてくれたり、周りの人に説明することで偶然そこに居合わせた人たちが作品を通して交流が生まれていること、
自宅に欲しいと言ってくれた人、
とても素晴らしいから今度作品を見られるところがあれば必ず見に行きます、と言ってくれたこと。

まだまだ改善点や試して見たいことはあるのですが一人で自分が作ったものをここまで心を動かすことができたということがとても嬉しく、自信に繋がりました。

とても嬉しい応援のお言葉をいっぱいいただけたので、この作品をもっと大切に育ててもっと素晴らし作品になるようにアップデートし続けようと思いました。

まずは次どこで展示できるかを進めないといけないですね。
引き続きご声援お願いいたします。


会場からの風景。

会場からの風景。


余談なのですが開催地の横浜は、大学の時に住んでいた場所で、実家から始めて出て一人暮らしをした街。
大学にあまり馴染めなかった僕は、みなとみらいから石川町の元町あたりはアルバイトしていて、そこで出会う人と仲良くなって楽しい日々を過ごせた場所です。多分学校だけだったら中退して実家に帰るかで人生が大きく違っていたと思います。
そういう街や人の雰囲気含めてとても好きな場所で、思い出深い場所でこういう機会までいただけてとても素晴らしい時間を過ごすことができました。

最優秀賞ではないのでここまで書くのも気持ちが強すぎるとは思うのですが、初めてのことであまりにもたくさんのことを得られたので思わずポエムを書いてしまいました。

作品紹介。

作品紹介。わざわざ作ってもらえて嬉しいです。

さて、これからはこの作品を育てたいのともっとこういう機会を作っていきたいので発表の場を探さないといけないので色々と情報を集め始めたところですが、手探り状態です・・・

もしご興味あるかたいたらお気軽にご連絡いただきたいのと、こう言ったのがあるよ!出してみたら!と言うものがありましたらお気軽にご連絡いただけると嬉しいです。

contactやfacebook(hi-farm.net)やtwitter (@mmlemon) など。
よろしくお願いいたします。

YoutubeでPlaylistも作成しました!
https://www.youtube.com/playlist?list=PLPTUOlmJYwImy8MV0ktlbtDyNCt30PF1D

#YOKOHAMA #スマートイルミネーション #夜景 #横浜 #みなとみらい

…graphic designer…さん(@asamudayo)がシェアした投稿 –

今回はあまり余裕がなくて他の方の作品をそんなに見ることができなかったのが心残りです・・・・

IMG_8723

IMG_0803

IMG_1557

IMG_9012

プチリニューアル

LINEで送る
Pocket

webサイトをプチリニューアルしました。

シンプルなデザインなのは同じですが、画像を増やし自分がお請けしている仕事範囲がわかるようにaboutにまとめました。

また、言語や技術からはその技術とどのように接しているのか、を書いております。
こちらは順次追記予定ですのでお楽しみにしてください。

よるヒルズのイベントに行ってきました。

LINEで送る
Pocket

このブログで初めて?技術以外の記事を書きます。

IMG_0283
会場の様子。結構広いところで30人?くらいで集まってただわいわい騒いでいました。

昨日、「よるヒルズ半年記念パーティー第3部「独り身」」に参加してきました。
最近はこういった会にちょこちょこ顔を出すようになっていて、これからもさらにいろんな人と交流しようと思っているのですが、なぜ僕がこのような心境になったのかを書きます。

きっかけ – 再びフリーランスに戻ってから

この夏にフリーランスに舞い戻ってからというもの、やはり一人暮らしで自宅作業だけだとなかなか集中することや人と話さない生活だと精神衛生上よくない、、という事で電源が使えるカフェや喫茶店などいろいろと探してはmixiの日記にメモ代わりに写真と記事を書いていました。

まあそこでも”人の声が聞こえる”という意味では自宅作業よりは相当ましではあるのですが、他の人と話す事はまずありません。
一人が好きだけど寂しがりやという最高に面倒くさい性格な僕は、次に人と話す事ができないかと思いました。

一応人と会う環境はあるのだけど。。

VJやらなんやらでクラブにいる事があって、いてしまえばそこにはいろんな人がいるのですが、どうも人種が違うように思えて話しかける勇気が出ません。
また、ナンパなんて事をできるような人間でもないので、話しかけられません。
さらには学生のときに僕の事に完全に気があると思ってた人に話しかけてみたら完全に避けられたという苦い思い出も加わり、とてもじゃないけど話しかける事なんてできません。。

おっと。痛さ自慢をしてしまうところでした。

まあそんな面倒くさい僕なのですが、今までも勉強会やフリーランスの自分として人と出会う時はクラブでの僕しか知らない人からすれば意外なくらい普通にいろんな人に話しかけたりできます。
知り合いが一人もいないイベントだったとしても、何のためらいもなく参加できたりします。

何が違うのか?

何が違うかを考えてみると、
・頑張って軽く話さなくてよい(自分の説明&相手の方についての基本的な内容。まじめでも良いし、ふざけてても良い)
・ナンパみたいな感じで話さなくてよい
・技術の話や仕事、好きな事など話す事がある。
・意識や考え方などに言語化しにくいけど共通する感覚を持っている(と思い込んでいる)

という違いですね。

勉強会なら技術の事だし、技術が好きな人特有の愛に満ちたすてきな性格。
よるヒルズ的なのであれば、多分好きに生きようとしている人が多いだろうから、普段わかってもらいにくい感覚
があると思っています。

まあ、昨日のは思い込みで突き進みましたが、楽しかったので多分感覚的にわかるところがあったと思います。

初めて大阪から関東地方に来るとき(その時は横浜でした)は大学生。
人口が多いが故に色んな人や性格、考え方や生き方を許容する雰囲気があって、田舎のように一つの価値観からはみ出るものは変な人として阻害する事も無く、それがすごく好きでした。
会社に入ったけどやっぱり僕の性格は組織じゃなくて一人で生きていく方が合っていると思ってフリーになりました。
組織の中にいると当然少数派なのですが、そとの世界にふれあってみると、どうやら自分が思っている以上にたくさんの人が同じように個人としての動き方について考えている人がいて、実際に動いている人も結構な数がいる事に気づきました。
なんとなくいるだろうとは思っていたのですが、実際に顔を合わせてみると行動力がすごくてたくましい人にたくさん会えて、すごくたくさんの刺激とやる気をもらっています。

なんかすごい安っぽい言葉ですが、実際そうなんですよね。

そしてこのような流れはいわゆるノマド、シャアオフィス、シェアハウス、コワーキングスペースなどという言葉とつながり、一つの新しい生き方の形として根付いていくのではないかと感じています。
というか、そうなってほしいという願望もあるし、その中の一人になってみたいなあ、とも思っています。
これからどんな人と会えるのかとおもうとワクワクドキドキしますよ。

なんかまとまりの無い文章になってごめんなさい。
こんな僕ですが皆様よろしくお願いします。

何か聞いてみたいこととかあればお気軽に質問ください!

あと、、、、
これは関係ない事ですが、僕が卒業した大学の課程(学部の下にある学科ってやつですね)がなくなっていた事を昨日しりました。。。。