preventDefault();

LINEで送る
Pocket

要するにタイトルにある、preventDefault()があるよ、っていうことを残したかっただけですが、便利ですね。

例えば、DataGridへデータをドロップするとして、

<mx:DataGrid dropEnabled=”true” 〜
とすれば動作はしますが、
デフォルトのその動作に加えて追加の処理をしたい場合、(このDataGridのdataProviderに新たにデータを追加したい等)
デフォルトの動作がむしろ邪魔になります。(デフォルトの動作+自分で設定した動作、となり、二重に処理をしてしまう)

その時に、preventDefaultを記述しておけば、二重動作を防止できます。
例としてのソースはこんなところでいかがでしょうか?(勢い任せにかいたので、おかしなところがあったらごめんなさい。)

<mx:Application>
<mx:Script>
<![CDATA[
import mx.collections.XMLListCollection;
import mx.events.DragEvent;

[Bindable]
public var data_c:XMLListCollection;

private function customDrop(e:DragEvent):void{
//これでドロップ時のデフォルトの動作を無効にできます。
e.preventDefault();
//以下、動作させたい処理

}

]]>
</mx:Script>
<mx:DataGrid id=”dg” dataProvider=”{data_c}” dropEnabled=”true” dragDrop=”customDrop(event)”>
<mx:columns>
<mx:DataGridColumn …./>
<mx:DataGridColumn …./>
<mx:DataGridColumn …./>
</mx:columns>
</mx:DataGrid>

</mx:Application>

2007年9月9日00:05

Adobe Max Japan 2007に行ってきます。

LINEで送る
Pocket

http://www.adobemax2007.jp/

11月1〜2日、東京であるAdobe Max Japan 2007に行ってきます。

せっかく平日、週末問わず動ける状況なんだから、行っとかないともったいない、ということで決めました。

この申し込み画面自体もFlexで使っているのですが、こんな風にFlexでできる事を提示してくれると、Flexの利点とか説明しやすくなるなー、と思ったのでした。

だいぶんと見た目はいじれそうな予感はするのですが、やっぱりDeveloperがデザインした感があるなあ。。
タイトルのドロップシャドウとか。。
その使い方だと読みにくいだけだと思うのですが、いかがでしょうか。

2007年9月9日01:36

サーバーへのXML保存

LINEで送る
Pocket

ちょいとはまりましたので記録として。

AS3でXMLを保存するときに、XMLのままでは何なので、Stringに変換し、POSTで送信。

これをPHP側で保存していたのですが、どうやらサーバーへ送られて、PHPで取得するときには、属性(attribute)の『”』がエスケープされてしまっている。

確かにセキュリティを考えればいい事なのですが、このままではXMLとして保存できないので、

PHP側で stripslashesして保存。

すると無事にXMLらしく保存完了!!

でも、stripslashesしないといけないということは、セキュリティ上の対策を施すべきかなあ??
Flexからとわかる識別子をつけるとか。。。。

2007年9月1日02:11