Actionscript3 astro

[flash astro]Dynamic Sound Generation 2.

Tweet
またまたですが、Flash Player10 astroのDynamic Sound Generationです。
ボタンを押すと、音が流れます。
パルス波の長さを時間で変えています。
注意:音を止める方法がないので、音を消したい場合はリロードして下さい。

 
これがasだけでできるってのが素晴らしい!!
今、個人的にはこの辺の機能が楽しいなあ。
 
コードはこんなです。
main.as
<code>
package
{

import flash.net.*;
import flash.display.*;
import flash.media.*;
import flash.events.*;

[SWF(backgroundColor=”0xeeeeee”, frameRate=”50″, stageHeight=”200″)]
public class main extends Sprite
{
private var snd:Sound;
private var square:Sprite;
private var sh:Number = 200;

private var btn1:Sprite;
private var btn2:Sprite;
private var btn3:Sprite;
private var btn4:Sprite;
private var btn5:Sprite;
private var btn6:Sprite;

[…]

Continue Reading
Actionscript3 astro

astro練習

Tweet
取りあえず、flash player10 astroの練習をしてみました。
標準で3Dの機能がついたので、ひとまずちょっとしたサンプルを作成しました.
http://www.hi-farm.net/astro/main.swf
処理がかるくなるのかな?と思ってたのですが、Macのアクティビティモニタで見てみると、
今までの様にPapervision3Dを作った時と、重さがあまりかわらない気がしたんですけど、どうなんでしょう?
ソースはこれ。
main.as—————————————-
package
{
import flash.events.*;
import flash.display.*;
import flash.ui.*;
[SWF(backgroundColor=”0x000000″, frameRate=”50″)]
public class main extends MovieClip
{
private var container:Sprite;
private var rect_vc:Vector.<Rect>;
private var len:uint = 6;
private var radius:Number = 100;
private var container_vc:Vector.<Sprite>;
private var innerLen:uint=15;
public function main ()
{
init();
}
private function init():void
{
container_vc = new Vector.<Sprite>();
container = new Sprite();
container.x = 150;
container.y = 10;
addChild(container);
rect_vc = new Vector.<Rect>();
for( var i:uint=0; i < innerLen; i++ )
{
container_vc[i] = genCircle(0, 30*i+10,15*i);
container_vc[i].rotationY […]

Continue Reading