レーザー制御ソフトを作っています。

LINEで送る
Pocket

こんにちは。
どうも記事をなかなか書かなくなってしまうのですが、最近作っているものを簡単に書いておきますね。

ここしばらく、レーザーやLED関連のお仕事が少しずつ増えていて、もちろん普通に演出パターンを考えて、光を作り、設営を行って実際にオペレーションすることもすごい好きなのですが、せっかくプログラムを生業としているからにはと思い、レーザー制御ソフトを作っています。

デモ動画をあげてますのでこちらをごらんください。

仕組みとしてはこういう感じです。

私が作っているのは真ん中の解析ソフトです。
映像はSyphonで受ければなんでも対応可能なので、VJソフトを使えばエフェクトもかけた状態で処理できますし、Syphonで送ればKinectのDepthでもなんでもレーザーに変換することが可能です。

まだ若干不安定だったり、追加したい機能があるのである程度まで作れれば実戦投入をしようと思います。

[iOS] OSStatusの結果について

LINEで送る
Pocket

オーディオとかMIDIとかの場合は良くOSStatus err
とかして処理が成功しているかを確認すると思うのですが、エラーを出したときにいつも検索して調べてたので自分のために残しておきます。
せっかくなので、日本語にしておきました。ちょっと翻訳が怪しいところもあるので突っ込みがあれば頂けると助かります。

errSecSuccess = 0
成功(エラーなし)
errSecUnimplemented = -4
関数か操作が実装されていない
errSecParam = -50
関数に送っている一つ以上のパラメーターが不正。
errSecAllocate = -108
メモリの確保に失敗
errSecNotAvailable = -25291
利用可能なキーチェーンが存在しない。コンピューターの再起動をすすめます。(翻訳が怪しいかも?)
errSecDuplicateItem = -25299
特定のアイテムが既にキーチェーンに存在する
errSecItemNotFound = -25300
特定のアイテムがキーチェーンの中に見つけられなかった
errSecInteractionNotAllowed = -25308
ユーザーインタラクションが許されていない
errSecDecode = -26275
与えられたデータをデコードできない

完全にこちらのサイトを見させていただいて書きました。ありがとうございます。
http://d.hatena.ne.jp/feb-hare/20100729/1280359887