Actionscript3 AIR astro Flash Flex

Spark 勉強会 #5で話して来ました。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

本当にものすごく久々の投稿になってしまいました。

先日、11/26に行われた、Spark勉強会で、Dynamic Sound Generationの発表をしてきたので、その資料をアップします。

(※再生には音楽ファイルを必要なので、各自用意して下さい。)

ソース一式

PDF

「フーリエ変換を使わない、エフェクトのかけかた」というタイトル通り、信号処理には本来フーリエ変換は欠かせないものですが、フーリエ変換の話しになると一気に敷居が高くなる(というか自分が今勉強している状態なので、この様な発表になりました。

 

ただ、やはりフーリエ変換を使えていない&勉強途中での発表になってしまったので、波形が途切れてしまっているところがあるようで、ぷつぷつと途切れる音が結構聴こえてしまいます。。。

あくまでご参考程度にしていただければと思います。

 

 

[ファイル構成について]

 

SoundGeneration.mxml:ラジオボタンやスライダーがついているView + 実際に音を鳴らすファイル

model/SoundObj.as:Dynamic Sound Generationを使って音楽を再生したり、エフェクトをかけたりするスクリプトを記述しているファイル。

 

SoundObj.asに関しては、mxmlでも使いやすいように、IMXMLObjectインターフェイスを実装しています。

 

[SoundObj.asの仕組み]

_currentEffectというプロパティを切り替えて、どのエフェクトをかけるのかを選択します。

 

extractメソッドを呼び出すたびに、bufferプロパティにデータを蓄えています。

これを使って、ディレイや逆再生を実現しています。

 

なお、逆再生に関しては、こちらが大変参考になります。

次は、フーリエ変換からめてしっかりとエフェクトをかけられるようになりたいなあ。
フーリエ変換とエフェクトの掛け方を勉強できる機会があれば、是非参加したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。