2014年振り返り

LINEで送る
Pocket

2014年も終わりということで、今年は振り返りを書こうと思います。

今年はどうなるかと思って不安だったのですがなかなか面白い1年になったかと思います。
マイコンを使って無線でLEDを自動制御することやレーザーを使った演出や今までのようにセンサーを使った演出もよりたくさん経験できました。
2014年頭でやってみたいと思ったことは一通りできた良い1年になりました。


まずはLEDやってる関連でお誘いいただいた某ショーレストランでのLED衣装と装置の設置とか制御ソフト・ハードの開発から光り方含めてなかなかハードでしたが全般ですごい良い経験ができました。

特にハードでは中山さん、まりすさんにすごくお世話になりました。
また、現場では無茶なことにもこたえてくれたゆきちゃんありがとうございました。
お話をいただいて一緒にご協力していただいた加藤さんもありがとうございました。
このお仕事で関わったみなさま、また何かありましたらぜひ。


そのあとは前々から興味のあったTMCNで発表。→Project Daftyに見事に巻き込まれるという経験をしました。fabcafeさまにも色々とお世話になり、Fab Meetup vol.9でも発表させていただきました。http://fabcafe.com/tokyo/events/g00f1b7bf

https://www.facebook.com/TokyoMotioncontrolNetwork

TMCNでは参加が決まったのが直前とか、発表のタイミングとかいろいろ勝手に運命を感じる流れでおもしろかったです。

Project Daftyでは以前にやっていたScience Nonfictionのコンテンツを見てもらっていたようで、自分が関わったコンテンツを誰かが見ていてくれているということをようやくちゃんと実感できました。

で、Project Daftyはこちら。4分ちょいくらいから。

直前までバタバタでしたがみなさまありがとうございました!

参考(TMCNで発表してきました、という記事です):
http://blog.hi-farm.net/2014/05/09/tokyo-motion-control-network-8/


TMCNの流れでNaked様にて開催されたイベントにて軽く発表させてもらいまして、それきっかけで新たな出会いがありました。
その一つがIntegral VisionさまのKAGURAです。こちらは9月中旬にロンドンで開催されました。

NADA Project Vol2 – Kagura – Full version from Takayuki Baba on Vimeo.

デジハリの授業にちょっと顔を出してしゃべる→何か困ってそう→ちょっと口出しする→やっぱり自分でやりたくなって結構がっつり参加、
みたいな定番の結末でした。
この時期は別件の仮押さえ予定などがあったり他の事情もあって現地には行けなかったのともっと早い段階から参加できなかったのが心残りです。。。
次回あれば是非!よろしくお願いします。


これとはちょっと別ですが、7月上旬にはLive & Event産業展に出展の手伝いをしてきました。
こちらもScience Nonfictionのコンテンツをこの展示会向けにアレンジしたものになりました。
音楽イベント系の展示会とか初めてでしたが展示会ならではのハプニングもあり、こちらもとても楽しかったです。
ゼロシーセブンさまとTachytelicさまの共同出展でした。
こちら来年はあるのかな??

http://www.live-event.jp/ja/HOME/

そして夏休み最終日、科学技術館にて1日限りの限定イベントを行ってきました。
映像はこちら。

子供向けインタラクティブレーザーでございます。
Kinect(実際はXtion Pro live)の前に立つとレーザーでアバターが出て、映像中のボールを触ると得点!というもの。
小学生だけじゃなく、もっと小さいお子様にも体験してもらえました。


夏頃はこれと同時にレーザー屋さんとしてこのへんのお手伝いもしました。

で、この流れでORANGE RANGEのテブラ DE ゴメンツアーでもお手伝いしました。
ホールの現場での経験ができたことは本当に感謝です。また今後もあるといいなあ。

他にもなかなか面白い使い方があったのですがどこかでみてもらえるといいなあ。
※画像が見えない場合はこちら


これをやりつつ、別の案件も走っていて、、、本当に夏から冬にかけては色々と重なっていました。 一つ、非公開イベントだけど3分半のショーにてモーションセンサーで音楽と映像とレーザーをコントロールする、というコンテンツを発表しました。 これ個人的には音楽も映像もすごいお気に入りのショーなんですが、、、、いつかどこかで発表したい!! 非公開なので何をどこまでいえばよいかわからないのですが関わったみなさま本当にありがとうございました! 途中すごい心配おかけしてしまったかと思いますがみなさまのおかげで無事乗り越えることができました。 うーん、やっぱり表に出したいなあ。 技術的なチャレンジもあったので今後もどこかで活かせるのではないかと思います。 インタラクティブレーザーはもっと強化したいと思いました。 すごいモザイクですがとりあえず。

secret


そして何と言っても!初海外初南半球初アフリカ! タンザニアにてレーザーと映像やってました!

もともとPANDA1/2は好きで曲を聴いたりライブ見に行ったりustを見たりしていたのですがジェームズパンダJrさんがやっているバーに何回か飲みに行って話をしているうちにタンザニアに行かないかい?というお誘いをいただきました。
お話をいただいた時点ではロンドンが初海外になる予定でしたが結果的には初海外がタンザニアというのはなかなか良かったのではないかと思っています。
本番ではいろいろとあり心残りな事もありますのでまた機会つくっていきたい!

時間がなかったので直前のリハやらができなかったのと、バーで何回か話したくらいだったのに打ち合わせとか演出プランを現地で考えたりして作り上げるのはなかなか楽しかったです。
その後のトークショーも出たかったなー。日程が被ってたので残念!
パンダさん、佐藤さんほか現地でお世話になったみなさまありがとうございました!

かなり良い思い出になっております。


その他・・・・
・イベント色々と参加させていただきましてありがとうございました!

・レーザーとLED衣装で関わっているRAM RIDERさんですが、実は内部的にはパワーアップしまくっていて、
・LED衣装の無線化対応がおわり
・反応もかなり改善
・自動化機能も実装済み

ということで来年以降は今まで以上にぴちっとコントロールできたライブができるかと思うと楽しみで仕方がありません。
やればやるほど人がいらなくなる、というものなのでちょっと複雑な気持ちはありますけどね!

・もっとうまくできたはずのhalloweenイベントは絶対別の形でお返ししたいしTMCNを通じた良い出会いやレーザーの経験、タンザニアという海外での経験を活かし、新しいこともやりつつ今年広げたことをしっかりとレベルあげしたいと思っています。
参考までに。

他にもかけない事などありますがとても充実した一年になりました。

来年はこれ以上にまた面白いことができるといいなあ。
何か困ったことがありましたらお気軽にお声がけくださいね!

特に、LEDやレーザーといった光の演出とセンサーとの組み合わせのインタラクティブな演出をより深めてやっていきたいですね。
ライブ以外でもできるようになると面白そうですね。

来年もよろしくお願い致します。

hi-farm
武内 満

2012/06/23 MEGライブで撮影コーナーをやりました。

LINEで送る
Pocket

久しぶりの投稿です。

先日、6/23に渋谷AXで行われたMEGの10th Anniversary Party “Arivee´”にて記念フォトブースなるコーナーをやってきました。

MEGさんへの思い入れを語りだすと非常に長くなりそうなので簡単にですが、5年以上前、名古屋に住んでいるときからのファンで、冗談ではいつか会えたらなあ、とかいつか何らかの形で力になれたらなあと思っていただけに、まさか現実になるとは!という感じで非常に
テンションがあがっていました。
また出来たらいいなあ。

コンテンツ自体は、
LA JAPONESEのポスターの様な写真をライブの記念にとれます、という至ってシンプルなものです。
技術的にもシンプルなものを組み合わせて一気に制作しました。

今回のシステム全体図はこういう感じです。
ブログ資料

メインとなる撮影コンテンツはOpenframeworks(以下、oF)で作りました。

制作メモ

【カメラ画質が汚かった】

カメラの映像を常に画面に表示しているのですが、普通にofGrabberを使おうとするとなぜか映像が非常に荒くなって使い物にならないという問題発生。
解決する時間も無かったので映像を綺麗に表示できていたVJソフトのmodul8の映像をsyphon経由で撮影アプリにおくり、syphon経由でビデオの映像を表示しました。
また、webカメラだとどうしてもカメラとしての性能が良くないので画面が綺麗にならず、ビデオカメラを借りました。(ありがとうございました。)

【撮影について】

撮影→画像化はoFで行いましたが、通信周りの実装が時間的に厳しかった事もあり、サーバーへのアップロードはPHPスクリプトにて作りました。

oFで画像化→シェル経由でPHPスクリプト起動→curlでサーバーの保存スクリプトへアップロード

という流れです。
ちなみに今回はほとんど使わなかったですが、撮影画像のアップロードが完了すると画面にQRコードが現れるという仕組みも作りました。

【iPhoneアプリについて】

どれだけ入力の煩わしさを減らし、なるべく速く多くの人に体験してもらいながらも今回の要求を満たすセキュリティを確保できるかというのも課題の一つとしてあり、PCのキーボードで入力するとなると敷居が高くなるので、パスワードだけを登録できるアプリをiPhoneアプリとして作りました。
改善点はあるものの、PCで入力させるよりは使いやすかったのではないかと思っています。
これは前日まで悩んでいたのですが、ちゃちゃっと作ってみました。

【ダウンロードについて】

撮影時に動的にURLがつけられるので、そこにアクセスしたときにiPhoneアプリに入力したパスワードを入れると画像を表示する、というものだったのですが、思ったよりいわゆるガラケーユーザー、古い機種を持っている人が多かったので、ダウンロード方法などで少し工夫する余地がありました。
画像サイズも大きめにしていたのですが、古い機種だとサイズオーバーしてしまって表示できないと言う事がありました。
また、保存方法も機種によりまちまちだったので、メール送信などの方法をとった方が良かったのかなとも思いました。

【ネットワークの回線について】

懸念事項ではあったのですが、途中で回線が遅くなり、画像アップロードに時間がかかってしまう時がありました。
ここは改善の余地ありですね。

——
とはいえ、予想以上にお客さんが撮影コーナーにきて撮影してくれた事、撮影中みんながすごく楽しそうに撮影してくれたり、ポーズをとってくれたり、非常に楽しそうにしてくれていてすごく嬉しかったです。
色々気にしていて肝心のライブをあまりみれなかった事は非常に残念ではありますが、
自分が前から応援しているMEGのライブを僕と同じように心待ちにしていたみなさんの思い出づくりに少しでも役に立てたのかと思うと充実感がすごくありました。

最後に、当日まで色々とやり取りしていただいたり設置でアドバイスをいただいたスタッフの方々、機会を与えてもらえて気を遣って言葉をかけてくれたMEGさん、
コンテンツの相談や当日頭が動いていなく、不器用な僕なんかよりすごく動いてくれて考えてもらえた友達にも改めて感謝いたします。
また、ビデオカメラを貸してくれた村上さんありがとうございました。

ライブ後のエンドロールに名前を入れてもらえてた事を知ったときはすごい嬉しかったです。

また機会があればよろしくお願いします。

あとは現場風景の写真をいくつか。

撮影場所。このようにビデオカメラを横に設置しました。ディスプレイは50inch。

撮影場所。このようにビデオカメラを横に設置しました。ディスプレイは50inch。

ブースのパネル。横のポスターのテイストで撮影できるようなコンテンツでした。

ブースのパネル。横のポスターのテイストで撮影できるようなコンテンツでした。

撮影画面。ここに入って撮影しました。

撮影画面。ここに入って撮影しました。

※確認を取っていないので名前は伏せ気味で。。

[OpenFrameworks] ofxSyphon追加時の dyld: Library not loaded: @loader_path … のエラー

LINEで送る
Pocket

少しはまっていたのでメモ。

SyphonとはMac OSX用の、アプリケーション間の画面を共有するためのフレームワークです。

これを使うとアプリAで映像を加工し、アプリBで別の映像を加工したものをアプリCでミックスする、といったようにアプリケーション間で映像を再利用することが簡単にできる非常に便利なものです。

Modul8やMadMapper、確かGrandVJなどの主要VJソフトも対応しています。

通常のSDKもあるのですが、ofxSyphonというOpenFrameworksのアドオンも開発されています。

今回はそれを追加しようとしたときに発生したエラーとその解決方法を残しておきます。

単純にofxSyphonのアドオンを addonsフォルダに追加し、ビルドすると、アプリが起動するときに突然このエラーで落ちてしまうという問題が起きました。

dyld: Library not loaded: @loader_path/../Frameworks/Syphon.framework/Versions/A/Syphon
Referenced from: /Users/artcoreface/utopia/vj/kinect/openframeworks_0062/apps/examples/ofxKinect_fft_syphon/bin/ofxKinectDebug.app/Contents/MacOS/ofxKinectDebug
Reason: image not found
sharedlibrary apply-load-rules all

下記のURLに書いているのですが、これはSyphon.frameworkがビルド時にコピーされないために実行時にあるはずのファイルが存在しなくなり、起きているエラーです。

こういうエラーが発生した場合は、Syphon.frameworkが正しくコピーされるようにしないといけません。

プロジェクトファイルを選択肢、「Build Phases」の「Copy Files」にSyphon.frameworkをドラッグ&ドロップするとビルド時に正しくコピーされるようになり、エラーが解消されます。

ofxsyphon

http://forums.v002.info/topic.php?id=52

※マシン間での通信はできないそうです。また、対応させる予定もしていないようです。