SummerSonic2016

ss2016
LINEで送る
Pocket

ちょくちょくお誘いいただくBENZENE by VMTTさんからお誘いいただいてサマソニのSonic Stageのヘッドホンデコレーションのシステムを制作しました。

さすがにこの規模の会場でやるということで仕込み日に無事動作しているのを確認するまでは心配性の性格が出てきていましたが、動作を確認して一安心。

システムとしては、

  • Unity上で画面に表示する映像を表示、
  • 映像や機能を切り替えるためのUIを追加
  • 4chでオーディオをPAさんに出力
  • 照明さんへDMXで制御信号を送り、コントロール

これら全てをUnityアプリ側から制御しました。
今回は映像はミラーリングでしたがLEDにマッピングするので空いた箇所にボタンなど諸々詰め込むことができたので困ることもなかったです。

IMG_1019

今回は使わなかったですが、インタラクティブに制御するために外部から制御できる仕組みも用意していたのでまたこの先使えるといいなあ。


ここからはサマソニ感想文になるのですが・・・・

ちなみにSonicステージは1日目はヘビーロック系が多くて、2日目はMETAFIVEが出てたり昔たくさん聴いていたThe 1975がトリだったりと個人的にも好きなアーティストがたくさん出ていて楽しかったです。

ちょっと時間ができたときに他のステージやお店で食べたりしたのですが、楽しかったです。

こちらはサイレントディスコのあるフロア。ミラーボールで照らされてきれいでした。
ミラーボール

やはりサイレントディスコは楽しかったです。ヘッドホンが昔からすると光ったりで進化していました。
silent disco

これが一番すきだったいちごけずり!暑くなった体には凍ったイチゴを削ったものがたっぷり入っていて、上にはクリーム、下にはシロップと食べていてずーっと美味しかったです。
いちごけずり

機会ありがとうございました!

hi-farm.net

Touch Board試しています。

LINEで送る
Pocket

たまたま見かけて面白そうだったTouch Boardを購入。
早速試してみました。

Touch Boardとは

ロンドンにある、Bare Conductiveという会社が販売している、タッチセンサーと音楽関連に向いているArduinoベースのデバイスです。
昔はKickStarterで出資を募っていたようです。


簡単に書くと

赤枠がタッチセンサーになっていて、これを指だったり導電インクを塗ったところを触ったりすることでOnになって音を鳴らすことができます。
touchboard_touchsensor

入出力のピンがArduino Unoくらいあるのと、3.3V出力もできるのでさらなるセンサーや機器と連携することが簡単にできそうでとても楽しみです。

簡単に音を鳴らすことができる手軽さと、外部との連携の可能性という意味での拡張性が両立していて良いなと思っています。(お値段が高いけど・・・)


どんなことができるか?

どんなことができるか?はこの動画がわかりやすいと思います。
ぼくは単体で購入しました。


MIDIコントローラーにする

この動画のようにSDカードに入れた音を鳴らすこともできるので簡単な楽器はすぐに作ることができるのですが、個人的にはやはり拡張性、というところでMIDIコントローラーになる機能に魅力を感じました。

MIDIコントローラーにする方法はこちらを参照にしました。
http://www.bareconductive.com/make/touch-board-ableton-live/
(また後日もう少し詳しくかければと・・・)

で、簡単ではありますが試してみたのがこの感じです。見てみると音が変わると同時に画面上のつまみが動いているのもわかると思います。

なんかテルミンらしき文字も見えたのでもうちょっと探っていこうと思います。

いろいろと夢が膨らんできますね。
なんかデモ作れたらまた公開します。


購入先

ちなみに日本ではスイッチサイエンス様から購入できます。僕もここから買いました。


リンク

Science Nonfiction Premiere feat. TeddyLoid

LINEで送る
Pocket

と言う訳で当日の映像です。

Science Nonfiction is a complex of Japanese creators living in Tokyo but the members are not revealed……yet

です。
何かありましたらcontactまでどうぞ。