MacBook Pro Retina 15inch(Late 2013)にBootcampでWindows8.1をインストールする

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

まさかのMacbook Proを買った翌日にマイナーチェンジしたものが発売されるという痛い経験をしたところですが、BootcampにWindows8.1を入れるのが今までにないくらい難しかったのでうまくいった時に参考にした手順を日本語訳(私的に訳しました)しておきます。

どうやら調べてみるといろんな原因、いろんな対応法があるようですのでここのやり方はあくまで解決法の1つ、くらいで考えてもらえれば。
これでうまくインストールできる人もいれば、できない人もいると思います。

ちなみに元記事はUSBメモリにインストーラーも入れているようですが、私の場合はUSB2.0で接続したDVDからインストールしました。Bootcamp用のドライバはUSBメモリにいれました。

元ネタ:

以下、手順の訳です。

1. BootCampアシスタントを使い、BootCampアップデートを含む3つのオプションを全て選択してインストール用USBメモリを作る
2. パーティションのサイズを設定する
3. 重要:再起動後にOptionキーを押したままにし、再び「Maverick(USBメモリで起動しないでください)」を選び起動する
4. Maverickに戻ったらディスクユーティリティを起動しMacintoshパーティションを選び、「パーティション」タブを選ぶ
5. 新しく作成したパーティション(下側にある一つ)である「BOOTCAMP」を選び、マイナスボタンをクリックして取り除く
訳注:BootCampアシスタントで作ったパーティションがBOOTCAMPという名前のパーティションになっていました。
6. 変更を適用する。この時点でBOOTCAMPというパーティションは無くなっている
7. プラスボタンをクリックし、新しいパーティションを追加する。名前は「Macintosh HD2」のようなものになっている
8. 7.で作成したパーティションを「BOOTCAMP」という名前に変更する
9. 重要:パーティションの種類をExFATに変更する
10. 変更を適用する
11. Optionキーを再度押しながらMacを再起動する。オレンジのUSBデバイスのWINDOWSを選ぶ
補足:DVDディスクから起動しても問題ありませんでした。
12. Windowsのインストール処理が始まり、パーティションを選ぶところまでたどり着く
13. BOOTCAMPパーティションを選び(下にあるもの)フォーマットする
14. 「次へ」ボタンを押してWindows8.1インストール処理を進める
15. 重要:再起動が起きる度にOptionキーを押してWINDOWSドライブを選ぶ(オレンジのUBSメモリではない)
訳注:DVDからインストールしている場合はDVDにもWINDOWSという名前がついていますがハードディスクのアイコンを選んでください。
16. 最後に、Windows8.1のインストール後流れに従いBOOTCAMPドライバーをインストールする
17. 完了
—————–
環境:
MacBook Pro Retina 15インチ Late2013, OS X Mavericks
私はこれのUltimate Editionというものでやりました。

レーザーショー

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

いろいろてんこもりな感じですが、これくらいレーザーを使い込んだショーやってみたいものです。

Tokyo MotionControl Network #7でLTしてきました。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

珍しく開発者っぽい投稿?です。

昨日の2014/05/08、Tokyo MotionControl Networkというイベントに参加して、LTで発表してきました。
http://tmcn.doorkeeper.jp/events/10492

で、こういうイベント久しぶりだけどまじめな雰囲気やろうなーどうしよっていう感じだったのですが、開会の挨拶とか聞いていると結構柔らかいというか緩い感じだったので安心し、さらにお酒が(焼酎とか!)あったので調子に乗ってガンガン呑んでました。。。そして結構な仕上がり・・・・

しゃべれなくなると思って喋る内容を資料に打ち込んでいたのですが結果かなり饒舌にしゃべれた気がします!
うけたのではないでしょうか。(自賛)

その後もいろんな方と面白い話ができていってよかったです。

モーションセンサー系とかに興味ある方はいってみると同じ事で盛り上がれる人に知り合えてよいのではないでしょうか?

あと、運営のみなさま、いろいろとご無理を通していただいてありがとうございました!

あ、発表した内容は都合によりアップはしないですがブログに書いているような内容をしゃべってきました!

MacのArduino IDEが起動しない場合

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

最近Arduino関連でやる事がいろいろと出てきてすごくお世話になっているのですが、Arduinoのアイコンから起動しない事がよくありました。
ちなみに私の場合はSerial通信を使いだすと特に発生率が高かったです。
後処理が悪いのかな?

解決法が見つからなかったのですが、この方法でとりあえず起動できるようにはなったので残しておきます。

Finder上でArduino.appを右クリック→『パッケージの内容を表示』
すると中身がみえるのでその中の

Contents/MacOS/JavaApplicationStub

をダブルクリックするだけです。
ダブルクリックするとterminalが起動し、そのままArduinoのウィンドウとアイコンがDockに表示されて無事起動できました。

根本的な解決ではないですが、同じ問題で困っている方のお役に立てれば幸いです。

カンタン共有 1.3がリリースされました。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

最近このことしか書いていない気がしますが、AirDropでファイル共有がカンタンにできるアプリ、カンタン共有(そのまま)の最新バージョン1.3がリリースされました。

今回は友達からの話を受けて、ムービーファイルのシェアができるようになっています。
どこかに遊びにいった後ご飯を食べたりお酒を飲んだりしながらちゃちゃっとみんなでシェアするとすてきだと思いますよ。

よろしければぜひダウンロードして試してください。
ご要望などありましたらiTunesのページにコメントいただければ検討させていただきます。

URL:

Applivさまにカンタン共有のレビューをしていただきました。

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

表題の通りです。 Appliv様に先日リリースしたiOSアプリ、カンタン共有のレビューをしていただきました。 私では到底かけないようなすばらしいご紹介をしていただいて感謝です。

現在小さなアップデートを申請中ですので、近日中には公開されるのではないかと思います。

 

>>カンタン共有がApplivに掲載されました

Applivとは:iPhoneアプリ・iPadアプリ発見プラットフォーム「Appliv」

iOSアプリ、「カンタン共有」をリリース&アップデートしたわけですが

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

ご無沙汰しております。

今回はお知らせでございます。

先日こっそりとリリースした、ちょっぱやのアドレス・写真共有アプリの「カンタン共有」をリリースしました。

QRコードでの共有アプリは以前リリースしていたのですが、今回はかなり機能を絞りました。

AirDrop+SMSのみ!
です。

今回は迷いようが無いくらいシンプルにする事を前提に作りました。
AirDropを使えれば直ぐにアドレスを伝える、という目的を果たせると思います。

また、AirDropを使えない場合はSMSで送信できるようにしました。

カンタンに使えるし、無料なのでぜひ色んな方に使ってほしいのです。

ただ、悩ましいのが、このアプリはどれだけカンタンにアドレス共有できるか?をテーマに作ったのですが、収益源が広告なので、
速く目的を達成できる→広告があまり表示されないし、タップされる事も少ない。

より広告費を稼ぐためにでかいバナーを表示させてしまうと、操作の邪魔になって本末転倒。。。。

バナークリックお願いします。(昔のインターネットで使われまくった言葉ですね)

それでは失礼します。

iTunes URL:

アプリ紹介ページ:
http://www.hi-farm.net/apps/easysharing/ja.html

Compilation failed while executing : as

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

App Storeが2013年5月からiPhone5サイズ非対応のアプリはアップロードしてもリジェクト(審査前に自動的に「Invalid Binary」として拒否されます。)されてしまうようになりました。
Flash Builderで作っていたのでAIRのバージョンをアップデート。

。。
。。。
。。。。

ハマりどころたっぷりでしたが無事突破してビルドすると全く意味のわからないエラー。。
Compilation failed while executing : as

内部エラーじゃないの?という大きな不安はさておいて、原因はAIR SDKをアップデートするときはFlex SDKに上書きしていくわけですが、その時にパーミッションが変わってしまい、パッケージングに必要なファイルの実行権限が無いためにしているようです。

SDKフォルダ以下の下記ファイルに実行権限を付与します。
【SDKのフォルダ】/lib/aot/bin/as/arm-apple-darwin9-as

chmod +x などしてあげると良いと思います。

これを対応してもまだ発生する場合はこれらの各種ファイルに実行権限を与えて下さい。

なんかしばらく使わない間に面倒になったな。。。昔は好きだったのに。

※AIR SDK 3.7で発生した現象です。

参考URL:
http://bugs.powerflasher.com/jira/browse/FDT-2475?page=com.atlassian.jira.plugin.system.issuetabpanels%3Achangehistory-tabpanel

Flash Builderから書き出したiOSアプリがインストールできない場合の一つ

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

原因は実際には色々とあるようですが、僕の場合は証明書をp12形式で書き出すときに書き出す場所が証明書ではなくて秘密鍵にしてしまっていたのが原因でした。

忘れないように画像をつけておきます。

ちなみに、症状としては、実機にインストールを試みようとするけど最後に
「 iTunes Sync: ‘◯◯’をインストールできません 」
と表示されて、アイコンが消えてしまいました。

ビルドとかで失敗してくれるとありがたいけどそうするのは難しいんでしょうね。

書き出す場所を間違えると大変です。

書き出す場所を間違えると大変です。

何より抜けられて良かった。。。

Science Nonfiction Premiere feat. TeddyLoid

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

と言う訳で当日の映像です。

Science Nonfiction is a complex of Japanese creators living in Tokyo but the members are not revealed……yet

です。
何かありましたらcontactまでどうぞ。